信州の名工

写真

氏名

石本 愛子

表彰年度・職種

平成27年度 漆器工

住所

塩尻市

所属

うるし工房石本玉水

技術の概要

写真 沈金は漆器などの装飾品に金をすり込み様々な模様を付けるもので、その技術に絵画的な手法を取り入れることで、非常に技術性の高い作品へと作り上げ、その作品は展示会、個展などで高く評価され多くの賞を受賞している。人間県宝保持者等に師事し、沈金、デザイン等を学び、沈金師の元に嫁いだことで、更なる技術の向上を図ってきた。下地に色を重ねる技法を自ら考案し、絵画的な作品を作り上げ、食器、アクセサリー、壁面内装など幅広く手掛けている。
塩尻市木曽高等漆芸学院において講師として後進の指導に当たっている。 写真