信州ものづくりマイスター

1 マイスターの認定及び活動の目的

卓越した技能・技術及び優れた指導力等を有する方を「信州ものづくりマイスター」として知事が認定し、顕彰することにより、その社会的評価を高めて技能尊重気運の一層の醸成を図るとともに、その活動を通して、職業観・勤労観の形成、ものづくりの継承、ものづくり技能・技術の振興を図ることを目的としています。

2 マイスターの活動内容

小中学校、高等学校、経済団体、業界団体、企業等からの依頼により、次の活動を行っていただきます。
  • 小中学生、高校生、在職者等に対する専門分野の指導・講習、実演など
  • その他ものづくり技能・技術の振興等に関する事業
マイスターの活動に係る経費(謝金・旅費、材料費等)は、原則、活動を依頼した団体等に御負担いただきます。
ただし、「信州ものづくり未来塾」事業を活用される場合は、これによりません。こちらをご覧ください。

3 マイスターの認定基準

 次のすべてに該当する方の中から、マイスター選考委員会の意見を聴き、知事が認定します。
 卓越技能者知事表彰(信州の名工)を受賞した方であること。
 後進育成の指導実績や熱意を有する方であること。
 県内に在住し、上記2の1、2の指導・講習、実演等の活動が可能であること。

4 マイスターの認定・活動の流れ

信州ものづくりヤングマイスター

1 ヤングマイスターの認定及び活動の目的

次世代を担う優れた技能・技術を有し、ものづくりの魅力発信に熱意のある若年技能者をヤングマイスターとして認定し、顕彰することにより、若年技能者としての誇りと意欲の高揚を図るとともに、社会的評価を高めて技能尊重気運を醸成し、もって、ものづくりの継承、ものづくり技能・技術の振興を促進することを目的としています。

2 ヤングマイスターの活動内容

小中学校、高等学校、経済団体、業界団体、企業等からの依頼により、次の活動を行っていただきます。
     
  • 小中学生、高校生、在職者等に対する専門分野の指導・講習、実演など
  • その他ものづくり技能・技術の振興等に関する事業
マイスターの活動に係る経費(謝金・旅費、材料費等)は、原則、活動を依頼した団体等に御負担いただきます。
ただし、「信州ものづくり未来塾」事業を活用される場合は、これによりません。こちらをご覧ください。

3 マイスターの認定基準

次の各号のすべてに該当する者の中から知事が認定するものとする。
  • 当該年度の4月1日現在で34歳以下であり、技能五輪全国大会または技能五輪国際大会において入賞(金・銀・銅賞(メダル)・敢闘賞)した者であること。
  • ものづくりの魅力発信に熱意を有する者であること。
  • 他の若年技能者の模範と認められる者であること。
  • 県内に居住または勤務し、上記2の(1)、(2)に定める指導・講習、実演等の活動が可能であること。

4 マイスターの認定・活動の流れ